子どもが欲しいと思ったら始めるべき5つのこと

妊活・不妊治療


結婚生活が落ち着き、安らぎと余裕を感じるようになると、大切なパートナーとの子どもが欲しいという気持ちは、自然に芽生えるものですよね。


ここでは、子どもが欲しいと思ったときにすべき5つのポイントをまとめてご紹介していきます。

カラダを温める習慣を身につけよう

温活というフレーズを目にしたり耳にしたりすることが多いこの頃、カラダを温めることは、健康的な妊活を進めるための重要なステップ。
子どもが欲しいと思っていても、カラダが冷えていると、

  • 血液のめぐりが不安定になる
  • 子宮に必要な血液が回らなくなる
  • 卵子の着床が難しくなる

といった妊活に悪い影響を与えてしまうことがあるため、毎日じっくりお風呂に浸かる、温かい飲み物を摂取するなど、カラダの表面と内部からの温活をスタートしてみましょう。

妊活のキホン!基礎体温を測ろう

子どもが欲しいと思った時点で、基礎的な妊活法となる基礎体温の把握。
基礎体温を測る習慣を身につけていると、
・カラダのサイクルが把握できる
・妊娠しやすい時期としにくい時期が見極められる
といったメリットがあり、妊活を効率よく進めることができます。
基礎体温は、婦人体温計を使い、決まった時間に図りながら、その数値をグラフなどに記載しておきましょう。

葉酸サプリを活用してみよう

ブロッコリーやホウレン草などに含有されていることが多い葉酸は、子どもが欲しいと思った時に、摂取が欠かせない栄養素として知られています。
ただ、日々の食事からは十分な量の葉酸が摂取できないこともあるため、市販・通販商品などをリサーチしながら、納得できる葉酸サプリを活用してみましょう。
妊活に必須の栄養素、葉酸には、

  • 細胞の増殖を促す
  • ママと赤ちゃんの発育をサポート

といった働きがあり、葉酸サプリは妊活中に必要な400ugをしっかりと補うことができます。

排卵日を把握して狙ってみる

排卵日は、一般的に生理がスタートしてから約2週間後のタイミングといわれています。
排卵日を把握しておくと、

  • 前後3日間の性交渉で妊娠しやすくなる
  • カラダのリズムやサイクルに合わせて性交渉できる

などのメリットがあります。
ただ、生理不順の人の場合、排卵日の予想が難しく感じてしまうこともあるため、基礎体温をこまめに測ったり、スマホ専用のアプリなどを活用すると、大まかな排卵日の予想をすることができます。
また、排卵日に合わせてスムーズに性交渉ができるよう、日ごろからのパートナーとのスキンシップも、一緒に心がけておきましょう。

クリニックに行ってみよう


ここまでにお伝えした、子どもが欲しいと思った時にすべきポイントを心がけ、実践していても、なかなか結果につながらないこともめずらしくはありません。
その場合は、セルフでの判断をいったんストップし、専門的なクリニックでの診察や治療の検討をはじめてみましょう。
クリニックにてケアを受けることは、

  • 間違った妊活法の見直しや改善
  • セルフの妊活よりも安心感がある
  • 専門的な検査を受けられ、妊娠しない原因を把握しやすい
  • 妊娠するためのノウハウやコツをレクチャーしてもらえる

などのメリットがあり、気持ち的にもウンとラクになることで、悩みや不安が解消し、スムーズな妊活・妊娠ができたという女性が多数となっています。


子どもが欲しいと思った時にすべきこと、5つのステップは、ちょっとしたコツを押さえて、習慣化していくことが大切なんですね。

kana

健康オタクでリサーチが趣味のフリーライター。 女性のデリケートなカラダとココロに寄り添える情報をわかりやすくお伝えします。

プロフィール

関連記事